本文へスキップ

中国進出.comはあなたの中国ビジネスをサポート致します。

業界最安値宣言 298,000円

English

中国情報HEADLINE

中国賃貸事情

 現在、日本人駐在員の住宅は主に賃貸マンションとホテル直営アパートの2種類がある。ホテル直営アパートは駐在員の中で人気があり、世代割合として70%以上が住まれているそうだ。その中に、日本人入居者は99%を超える超人気物件もある。ホテル直営アパートへ入居してから、部屋のメンテナンスを気にしなくても良いが、賃貸マンションはオーナーとやり取りすることが多いので、トラブルのない生活を送るためにも契約する前に関連内容をきちんと確認するのは大事だ。

 北京の日本人駐在員賃貸相場の目安として、賃貸マンションは10〜40万円で、ホテル直営アパートは15~50万円となる。2011年の賃料は2010年と比べ、平均10%以上の値上りがあった。日本人駐在員が主に朝陽区に集中していて、中には建国門-国貿エリアと燕莎-三元橋-麗都エリアの二つエリアに集中している。その他に、王府井エリアなどは外国人居住地として人気があり、いずれの周辺地に日本食レストランも多数ある。また、この二つのエリアに地下鉄1、2、5、10号と空港線があり、市内各方面へのアクセスも非常に便利だ。

 上海の日本人駐在員賃貸相場の目安として、賃貸マンションは10〜30万円で、ホテル直営アパートは20~50万円で北京と大差がない。しかし、家賃の値上げが激しく、2010年と比べ、2011年は平均15〜20%も上昇した。海外邦人が一番多く住んでいる都市として、上海の日本食レストランは千店以上もあると言われ、その半分が日本人に大人気な虹橋エリアに集中しているそうだ。好みや習慣などにもよるが、欧米人に人気な町中心エリアとなる昔の外国租界地にも多くの日本人が住んでいる。そしてこの何年間、町整備はどんどん進んでいる浦東エリアに暮らしている日本人が年々増えてくる。

バナースペース

中国進出.com

中国会社設立について、お名前、会社名、ご希望する業務内容を詳しく記載していただき、メールでお問い合わせ下さい。


E-Mail:info@going2china.com

無料でご相談させていただきます。